メンタルを高め悩み多き時代を生き抜く方法術
メンタルを高め悩み多き時代を生き抜く方法術

メンタルの鍛え方

どんな事が起きてもめげないメンタルを身に着けるには、どのようにして鍛えて行けば良いのでしょうか。
メンタルが弱い人の特徴を例に、効率の良い鍛え方について考えてみましょう。

メンタルが弱い人の大きな特徴と言えば、何かとネガティブな方向へと考えてしまうことです。
それこそ天気が悪いことを自分の所為にしてしまい、落ち込むという方も現にいらっしゃいます。
ここまで来ると鍛えようが無いかと思うかもしれませんが、見方によってはある意味「メンタルが強い人」と言えるかもしれません。
そもそも天候は神様でない限り、操ることは出来ません。
もし自由自在に天候を自由にコントロール出来れば、世界中で話題になるでしょう。
その力がご自分にあると思っているのならば、メンタルはかなりの強さになります。

だから「メンタルの鍛え方」と言っても、そんなに難しいものではありません。
ダンベル運動をして鍛えるのではなく、向くべき方向をほんの少しだけ変えれば良いのです。
つまりネガティブな方向でしか見ていないのならば、ポジティブな方向へ目を向けるようにします。
ではポジティブ方向に顔を向けるには、どうすれば良いのでしょうか。
まずはほんの些細なことでも良いので、ラッキーを見つけ出して下さい。
何でも構いません。
例えば「毎週楽しみにしているドラマを見た」や、「ご飯を食べた」も良いでしょう。
世界には明日食べる物ですらままならないという方が大勢いることを考えると、「ご飯を食べる」行為は神様に感謝しなければならないレベルです。

また自分自身を褒めて、自信をつけるのも良いでしょう。
これもほんの些細なことで構いません。
例えば理不尽な理由で上司に怒られたとします。
本来ならば「何故怒られなければならないのか!」と、怒りで頭がいっぱいになるでしょう。
でも「あんな理不尽に耐えた私は偉い!」と、自分で自分を褒めるのです。
そうすれば自然と自信もついてメンタルも鍛えられるかと思うので、今日からでも実践してみて下さい。