メンタルを高め悩み多き時代を生き抜く方法術
メンタルを高め悩み多き時代を生き抜く方法術
メンタルを高め悩み多き時代を生き抜く方法術 > 名言の裏にドラマあり!

名言の裏にドラマあり!

数々の偉人達が残した名言があります。
名言は心に残り、時には強いメンタルを育んでくれることもあります。
でも名言の裏を調べてみると、壮絶なドラマが隠されていました。
ではどんなドラマがあったのか、メンタルを育ててくれる名言と共に紹介します。

まず紹介したい名言は「苦しいことにについては、私は何も考えない。だって、美しいことがまだ残ってるんだから」です。
一見するとその辺にいる女の子が開き直っているような発言に思えるかもしれませんが、"その辺にいる女の子"だったらどんなに良かったことか...。
この名言の主はわずか14歳の少女でした。
世界的にもかなり有名で、彼女がしたためた日記は世界中で今でも読まれています。
戦争中にユダヤの迫害から逃れる為、彼女は家族と一緒に隠れ家へと身を寄せます。
ほんの少しでも物音を立てられない状況下、「自由」という言葉はありません。
当時14歳の彼女にとって、この暮らしがどれほど辛いものか考えるだけでも胸が苦しくなります。
それでも彼女は、決して負けませんでした。
苦しいことは何も考えず、美しさを信じて15年という生涯を生き抜いたのです。

そしてもう1つ紹介する名言は「失敗したから何なのだ?失敗から学びを得て、また挑戦すれば良い」です。
名言の主はアニメ好きであれば知らない人はいないと言っても過言では無い、世界的なアニメーターです。
生み出した映画は大ヒットし、世界で最も成功した人物でもあります。
しかし輝かしい成功の裏には、大きな挫折がありました。
それも1回2回と言うレベルではありません。
若い頃は新聞の漫画を細々と描いていたようですが、漫画だけで食べていくことは出来なかったのです。
時にはアニメ制作会社に身を寄せていたこともありましたが、長続きしませんでした。
しかしアニメに挫折したのならば、他の道へと考えるのが普通です。
でも彼はアニメそのものに"何か"を感じ、アニメの世界をとことん追求します。
その結果世界中誰でも知っているアニメを数多く世に送り出し、大成功をおさめました。